free web hit counter
シガリロレビュー

Zino MINI CIGARILLOS(ジノ ミニ シガリロ)

概説

「ジノ」はいわずと知れた、ダビドフのセカンドラインです。

以前、レビューしたZino SUMATRAが「ジノ金」と呼ばれるのに対し、こちらは「ジノ赤」と呼ばれることがあります。

パッケージの色からそういう呼び分けがされるようになったみたいです。

値段は金ジノと比べてわずかに安いです。

外観・包装の感想

ジノ赤と呼ばれる所以となった赤いパッケージです。

オランダ産となっています。

 

「…from the House of Davidoff」ダビドフの工場で作られていることがうかがえます。

よく見たらこんなところにもメッセージが入っていました。

「light here allumer ici hier anzünden encender aqui」

最初、これは一文なのかと思っていました。

どうやら調べてみると、違うようです。

これ、いろんな国の言葉で、書かれています。

「light here」英語

「allumer ici」フランス語

「hier anzünden」ドイツ語

「encender aqui」スペイン語

意味は、「ここに火をつけて」といったような意味のようです。

つまり、火をつける側を指示してくれているんですね。

葉巻は通常フィルターがなく、どちらにつけていいか迷うところです。

その迷いを解消するために入れられた注意書きのようです。

気遣いはさすがダビドフですね。

これ確か金ジノにはなかったような気がするのですが、新たに加えられたのでしょうか。

一般的なミニシガリロよりわずかに小さめかな。

着火前の感想

巻きは固めです。

火をつけずに吸い込んでみると、空気の通りはちょうど良く、気持ち良く空気が通ります。

味の感想と喫煙時間

序盤は、あっさりした印象です。全く癖がなく、すっと口の中に入ってきます。

鼻から抜くと木の香りがします。

中盤では、少しこってりしてきます。

苦味も感じますが、舌に長い時間は残りません。

終盤では、さらにコクがまし、鼻から抜くときの香りが華やかになります。

味が濃くなるものの、全体の印象としてはあっさりした印象は変わらません。

喫煙時間は約10分でした。

まとめ

普段クセがあって味が濃いものを吸っているせいか、かなりあっさりに感じられました。

変なクセがない分吸いやすいように思います。

味が薄いといっても、「吸ったなー」という満足感がある不思議な銘柄です。

【ドライシガー】 ジノ シガリロ ジノ赤(20本入り)ミニシガリロ系

価格:1,400円
(2018/8/3 14:08時点)
感想(42件)

【ドライシガー】【箱買い・5個入り】 ジノ シガリロ ジノ赤(20本入り)ミニシガリロ系

価格:7,000円
(2018/8/3 14:09時点)
感想(0件)

Pocket