free web hit counter
シャグレビュー

PUEBLO SHAG BLUE(プエブロ シャグ ブルー)

概説

プエブロはPöschl Tabakというメーカーのシャグです。

ドイツの企業です。

100年以上続いている会社ですが、いまだに創業者の子孫が経営しているそうです。

ホームページを見てみると、作っている過程なんかが説明されています。

ブルーという名付けからは味の方向性がわからないので、どのようなものなのか楽しみです。

外観・包装の感想

名前はブルーですが、原色のブルーではなく、水色基調ですね。

無添加なのが押しのようです。

電話番号が書いてありますが、この番号はPöschl Tabakではなくインターコンチネンタル商事という輸入販売業者のシガー&シガレット事業本部の番号です。

この表記の仕方は不安になります。

電話かけた人は少し驚くんじゃないでしょうか。

付属の巻き紙もパッケージと同じ色です。

銘柄にそれぞれ合わせて作っているんでしょうか。

ちょっと巻き紙が貼り付けてあった糊が邪魔で見辛いですが、メッセージがありますね。

「PUEBLO is a traditional blend of highest quality. No additives such as humectants, preservatives or flavourings are used in the processing of our high-quality tobaccos; we treat them only with water.」の意味は、

「プエブロは最高品質の伝統的なブレンドです。保湿剤、保存料、香料などの添加物は、高品質のたばこの加工には使用されていません。私たちはそれらを水だけで扱います。」です。

意訳なしで綺麗に意味が通る文章にGoogleさんで翻訳できました。

これは初めてです。

葉は、刻みの細かい少し湿り気のある明るい茶色の葉です。

味の感想

口腔喫煙では、バージニア葉らしい酸味、甘味、旨味のバランスがよく、整った味わいです。素朴さを感じます。

バージニア葉とはどこにも書いてないですが、ブレンドの中心にあるのは間違いないでしょう。

最後にほろ苦さを残します。

肺喫煙すると、渋みの目立つ辛口な味わいです。

しかし、矛盾するようですが、煙はまろやかで、喉に不快な感覚をもたらすことはありません。

後味も爽やかです。

まとめ

メッセージの翻訳が楽だったのが嬉しかったです。

味わいも僕が認識するバージニアそのものの味わいです。

香料などが添加されていないため、たばこ本来の味が楽しめて良かったです。

【シャグ刻葉】プエブロナチュラル ブルー 30g &スローバーニングペーパー 1個セット

価格:820円
(2019/4/6 16:32時点)
感想(1件)

Pocket