free web hit counter
シャグレビュー

Hi tobacco DARK FIRE(ハイ タバコ ダーク ファイア)

概説

ハイタバコは、HI BRASIL TABACCOという会社が作っています。BRAZILの会社のようですが、会社名は「BRASIL」になっています。ポルトガル語だとZじゃなくて、Sになるんです。

ブラジルの公用語はポルトガル語ですしね。

名前に「ダーク」やら「ブラック」が入っていると、黒タバコを連想しますね。

ダークファイアも例にもれず黒タバコがかかわっています。

黒たばこは、 一般的に、たばこ葉を乾燥させた後、堆肥発酵させたものを指すようですが、黒系の製法にはいろいろあるようです。

その中で、「ダークファイアキュアード」と呼ばれる、たばこが黒くなるまで火力乾燥させる製法があるそうです。

もちろん、火を直接当てるんじゃなくて、熱と煙に燻すことによって乾燥させます。

今回のダークファイアも、名前からして、このダークファイアキュアード製法によるたばこ葉がメインとなっているんじゃないでしょうか。

外観・包装の感想

パッケージはフィルムがかかっておらず、珍しいタイプのものです。多くは大体ビニールのフィルムというかカバーみたいなのがかかっていますからね。

この濃い紺色で、ダークを表現しているのでしょうか。

上部の中央やや左にある「ROLLING PAPER BOOKLET WITH 50 LEAVES INCLUDED NET WEIGHT」というのは、 50枚入りの手巻き用巻紙が付属していることを示しています。

内装はアルミチックな素材です。

先ほど見たように、巻紙ありました。糊に天然アラビアガムが使われた専用ペーパーのようです。

下部に書かれた「Hi tobacco Dark Fire – Natural Tobacco, also known as European Blend is made from a mixture of high quality tobacco. It’s a natural, dark and light scent of tobacco which contributes to a good balance of the blend.」の意味は、

「ハイタバコダークファイヤー – ヨーロピアンブレンドとしても知られている天然タバコは、高品質のタバコのブレンドによって作られています。それは、たばこの自然で、暗い、そして軽い香りで、ブレンドのバランスを良くしています。」といった意味でしょうか。

ヨーロピアンブレンドは、 ケンタッキー、バージニアにオリエンタルやバーレーなどを加え、癖をやわらげるようなブレンドのようです。

癖があまりないのが特徴になるんでしょうかね。

ちゃんとジッパーついてますね。

葉は乾燥していて、一見お茶っ葉のようにパラッパラです。

味の感想

葉は独特の発酵臭?がします。

口腔喫煙では、鼻から抜いたときに、栄養に満ちた大地のような、よく発酵が進んだような土っぽさ、和風出汁のような旨味が広がります。

最後にそれらの味をまとめるように苦味が感じます。

肺喫煙すると、コーヒーのような深みのある苦味の中にほのかな甘味を感じます。

ヨーロピアンブレンドの特徴か、雑味が少なく吸いやすいです。

きつさも弱くも強くもなくちょうどいい感じです。

まとめ

個人的には好きな部類ですね。

僕は味が濃いのが好きですが、味の濃さとたばこのきつさは大体比例するので、味が強いわりにきつくないこの銘柄は常喫銘柄にもってこいではないでしょうか。

Pocket