free web hit counter
シャグレビュー

DJANGO 100%TABAC(ジャンゴ 100%タバック)

概説

このタバコはMac Baren Tobacco Companyの作ったものです。

他にも、アムステルダマーや、会社名と同じマックバレンといったタバコも作っています。

1800年代から続く、歴史ある会社です。

「DJANGO」という名前の由来について、映画のタイトルに同じものがありましたが、実際にここから由来しているかは不明です。

ジャンゴ 100%タバックの説明を見てみると、

自然な甘さを感じることのできる、バージニアブレンドであることがわかります。

また、ジャンゴシリーズは全てそうなっているようですが、葉がシルクカットされていて、これは、巻きやすく燃えやすいカットであるそうです。

外観・包装の感想

大理石のような色合いに、不思議な模様が描かれたパッケージです。

右下の方をみると、デンマーク製であることがわかります。

見過ごしていましたが、マックバレン社はデンマークの会社ですね。

「A mixture of naturally preserved Virginia tobaccos」

直訳すると、「自然に保存されたバージニアタバコを混ぜたもの」といった意味になりますが、この場合は、自然乾燥した葉を意味しているんでしょうか。

巻紙は自前のようですね。

パッケージには、あまり詳しいメッセージはなかったですね。

香りはあまり強くないです。

葉の色は明るめですね。

シルクカットが見た目からどうなのかはわかりませんが、刻みが細かいのはわかります。

印象的だったのは、袋を開けるときからザリザリ音がするほど乾燥していることです。

まるでお茶っ葉みたいでした。

味の感想

口腔喫煙では、味わいは素朴という印象です。

薄いです。

鼻から抜くときに、苦味は弱く、出汁っぽい旨味を感じることができます。

まさにバージニアって味ですね。

乾燥してるからか、少し辛いです。ひりひりする感覚があります。

まあ乾燥度合いから考えれば、まだ辛さは少ない方かもしれません。

加湿するのをおすすめします。

肺喫煙でも、味わいは大きくかわることはありません。

きつさも感じないので、どんどん吸ってしまいます。

癖がなく、いや、僕にはなさすぎてつまらないとも思いました。

まとめ

本当加湿はした方がいいです。

吸うときに巻く人は問題ないかもしれませんが、僕は何本も巻いて持ち歩きます。

葉が乾燥しすぎていて、口をねじっておかないと、持ち運びでポロポロ葉が漏れ出てきます。

僕はケースが葉だらけになるは、巻いている中身はなくなっているわで散々でした。

物はいいんでしょうけど、その分扱いが難しいです。

【シャグ刻葉】ジャンゴ 100%タバック(黒)25g &スローバーニングペーパー 1個セット

価格:700円
(2019/4/22 14:56時点)
感想(2件)

Pocket