free web hit counter
シガリロレビュー

Davidoff DEMI-TASSE(ダビドフ デミタス)

概説

このシガリロは、僕が実際に訪れた2件目のタバコ屋さんで出会いました。

そのタバコ屋さんは、タバコを農作物としてとらえ、品質管理のために、「売れないものは置かない」という方針のもと、タバコが店舗に並んでいました。

僕が訪れたときは、まだ何を吸うと美味しいのかさまよい中で、キューバのシガリロなら大丈夫だろうというくらいの認識でした。

もともとは、名前の響きのかっこよさに惹かれて、パルタガスクラブを買うつもりで行きました。

店の店員のおじいさんにパルタガスクラブを置いているか聞くと、「それは置いてない」と言われ、その後に、熱く冒頭の方針を語っていただきました(笑)

そのおじいさんにおすすめされたのが今回ご紹介する「ダビドフ デミタス」です。

ダビドフは、「シガーのロールスロイス」とも呼ばれるような、高い評価を受けているブランドだそうです。

そのためか、価格はかなりお高めですね。

ダビドフ デミタスは10本入り、3,300円なので、1本あたり330円もします。

おすすめされた僕も、値段の高さに躊躇して一度店を出たものの、別に手が届かないほどの高級品ってわけでもないし、自分へのご褒美(ただの理由づけ)として1箱試しに買ってみました。

外観・包装の感想

包装の箱は、高級感あふれる白い厚紙に盛り上がるように入れられた金色で文字が入れられていて、思わず期待が膨らみます。

箱のデザインはシンプルです。ダビドフはドミニカ共和国を拠点としているようですが、シガリロに関してはヨーロッパのほうに生産を委託しているようです。

表には「fabriqué en Allemagne made în Germany」と書かれていて、これは、フランス語で「ドイツ製」という意味です。

Google翻訳で調べました。

ただ、ウィキペディアではオランダ製となっていました。

国が入り乱れすぎてよくわかりません。

箱を開けてみると、1本1本セロファン包装されています。

風味を逃がさないためもあるでしょうが、これも高級感を感じます。

ナイロンからシガリロを取り出すと、リングが巻かれています。

普通のシガーのリングは、葉に糊付けされているようですが、ダビドフ デミタスの場合は、ただ巻かれているだけなので、ずらせば簡単に取り外せます。

大きさは、僕が見てきたシガリロの中では一番大きいです。

ボールペンとほぼ同じ太さで、長さもボールペンの3分の2ほどあります。

着火前の感想

葉はしっかり詰まっている感じがしますが、挟んで押してみると柔らかい弾力を感じます。

巻きの強さは普通くらいで、火をつけずに吸い込んでみると、空気が気持ちよく通り、吸いやすそうな感じです。

色は薄めの茶色です。

初めて吸ったシガリロであるモンテクリストのミニシガリロの濃い茶色に比べると、随分色が違うなあといった印象を持ちました。

味の感想と喫煙時間

火をつけてみると、煙の量は少し多めかなと感じました。

普通の喫煙所で吸っていたら大きさも相まってかなり目立つかもしれません。

予想通り、軽く吸い込むだけで、気持ち良く煙が口の中に入ってきます。

吸い始めは、濃厚クリーミーな苦味がきて、土というか草っぽい香りが感じられます。

煙がねっとりしてるような感覚になります。

後から気が付きましたが、なんとなく僕の苦手な酸味の強いインドネシア系の味わいもかすかにします。

調べてみると、やはりインドネシア産の葉もブレンドされているようです。

ただ、僕が嫌いな嫌な酸味はあまり感じません。

中盤は、草っぽい風味が爽やかになってくるような気がします。

クリーミーさも増して、甘みも足されてくるのを感じました。

苦味に慣れて、苦味の感覚が鈍くなっているのかもしれませんが。

終盤は辛さも出てきますが、ツンと刺激が強すぎることなく、いいアクセントになります。

喫煙時間は約24分、シガリロとしてはかなり長く楽しめます。

吸い終わった後は、舌にまろやかな苦味を残し、いつまでも味わっていたい感じです。

僕は口直ししなくても問題ないです。

まとめ

全体的にニコチンの濃さは感じますが、ヒリヒリするような辛さは少ない気がします。

鼻から抜いても痛くなりにくかったです。

吸い終わった後にニコチンが効いているのか、ちょっと脱力感があります。

僕はこの感じが好きですが、ニコチンに弱いと気分が悪くなる可能性もあるので、吸うペースは注意してください。

苦味が少し強めなので、まったりというよりは、気を引き締めてくれるようなシガリロです。

キューバ系シガリロの「旨味があってうまい」という素材の良さをぶつけてくるより、苦味、甘味、酸味、辛味の絶妙なバランスで美味と感じさせるブレンドの巧みさという技巧を感じます。

吸うたびにバランスが微妙に変わって味が変化するような、飽きのこないシガリロです。

僕は、1日仕事が終わった後の時間がしっかりとれるときに1本吸うことが多いです。

仕事の合間だと煙の多さで匂いが体に染みつきそうで勇気がありません(笑)

でも、とてもお気に入りのシガリロです。

【ドライシガー】 ダビドフ・シガリロ デミタス ・10本入・ロングシガリロ系・ドミニカ産

価格:3,300円
(2018/9/22 00:29時点)
感想(2件)

【ドライシガー】【箱買い・5個入】 ダビドフ・シガリロ デミタス ・10本入・ロングシガリロ系・ドミニカ産

価格:16,500円
(2018/9/22 00:30時点)
感想(0件)

【ドライシガー】【1個】 ダビドフ・シガリロ デミタス ・50本入・ロングシガリロ系・木箱入・ドミニカ産

価格:16,500円
(2018/9/22 00:32時点)
感想(2件)

Pocket