free web hit counter
シガリロレビュー

Davidoff CLUB CIGARILLOS(ダビドフ クラブ シガリロ)

概説

ダビドフのクラブサイズシガリロです。

ダビドフのホームページによると、5種類のたぶん葉の組み合わせによって、味わいが作り出されています。

ダビドフの大きいサイズのシガリロは、デミタスがありますが、果たしてどう違いを生み出しているのか期待です。

外観・包装の感想

ミニシガリロと違い、缶入りです。

シンプルなデザインと白基調なのが、高級感があって好感持てます。

ダビドフのホームページによると、原産国がデンマークとなっていたのですが、この缶はドミニカ共和国になってます。

ちょっと古いものだったのでしょうか。

中もシンプル。

ダビドフのクラブサイズは、キューバ系のクラブサイズよりも、長さも長いし、太さも太いです。

 

着火前の感想

吸い口を見ると、葉がぎっしり詰まってるのがわかります。

そして、しっかりと巻きは固めです。

案の定、空気の通りは重めですね。

味の感想と喫煙時間

火をつけると香ばしいアロマが鼻腔を刺激します。

序盤は、煙を口の中に入れると優しい苦味を感じます。

鼻から抜くと火をつけたときに薫った、香ばしくて魅惑的な苦味と甘みを帯びたアロマが鼻を通ります。

アロマはダビドフエクスクイジトスに似ているものがあります。

アロマを色で表現するなら、全体的に茶色味を帯びた暗い虹色といったところでしょうか。

刺激は感じません。

すごく濃厚に感じる割に、優しく口と鼻腔を漂います。

中盤では、全体的に苦味が強くなってきます。

それとともに鼻から抜くときに、少し土っぽさも感じるようになってきました。

終盤、鼻から抜くとスーとした刺激が出てくるようになります。

もちろん、この刺激も不快には感じません。

辛味は味覚でなくて、痛覚であるとされていますが、痛みではなく、辛味が味なのだと思させてくれます。

そして、苦味に深みが増すような気がします。

濃厚な苦みながら、複雑な味が混ざり合って作り出されているような苦みです。

大きさも相まって、喫煙時間は約19分でした。

まとめ

全体的に高級感を感じる味わい。ダビドフは味にブランドイメージを表現できていると思います。

だからこそ、パッケージがシンプルなのだと思います。

ちゃんとした葉巻は吸ったことないですが、この深みのある味わいは葉巻に近い味ではないでしょうか。

【ドライシガー】 ダビドフ・シガリロ クラブシガリロ ・10本入・クラブサイズ系・缶入・ドミニカ産

価格:2,400円
(2018/9/26 18:21時点)
感想(4件)

【ドライシガー】【箱買い・5個入】 ダビドフ・シガリロ クラブシガリロ ・10本入・クラブサイズ系・缶入・ドミニカ産

価格:12,000円
(2018/9/26 18:21時点)
感想(0件)

Pocket